• HABU Kazuko

Kangoo-goo !

最終更新: 2019年7月31日

kangoo のチャームポイント「バックドア」の前で強風の中コントラバスの撮影。フレームの左で夫が「た、た、倒れそう💦は、は、早くして〜😭💦」と叫んでいた😁

あらあら〜過去にネック(弦を手を抑える部分)を3 回骨折させたからね。。

3回目は地方のライブに出かけて到着した駅でエスカレーターを上がりきった所で天井にぶつけてしまいおちびちゃんコントラバスに変身したそうな。その日のライブは主催者の個人楽器を借りられて自分のよりはるかに高級ベースだったよ〜とニコニコしていたっけ。

車というものに全く興味のない夫は楽器が乗りさえすればいい。タイヤが4つあって走ればいいぐらいな人。その人のおかげで私はカングーに出会った。以前の車は車検の時に夫が私の要望を無視してくれたおかげで車検後すぐに廃車となる。ちょー不機嫌になった私だったが自然と次なる車の決定権100%が与えられワクワクした。使用目的はほぼ楽器運搬なのでワゴンが好ましいけど高さが車庫に入らないので低めのワゴン車を選ぶなのだがいまいち心がパッと決まらない。

そんな時に自宅から20分のお店でライブの日、甲州街道を走行していると黄色いカングーと出会った。「なにあれ?見たことない車。なんかいい、いいかも!」と慌てて追うがカングーはとっとと去ってしまう。車種がわからない。必死に一瞬を記憶する。

ライブを終えてその日の帰り道「わーーーさっき見た車!」とまさか再びの遭遇。なんとか追いつき全力で集中し斜め左前方を凝視したがやはりメーカーが「読めない」「RE..」「ちーん!」そして再びさよならとなって帰宅。でも同じ日に2度会えるなんてこれには深い意味がある。と勝手に思い込み速攻でパソコン検索。ワードは「黄色い車」これで出てきたら笑える〜〜

「出てきたぁ!!」なんて便利な時代なのかと感動しながら絶対にコレにする!と心に誓う。それから3ヶ月後ネットの中古車情報を網羅しながら条件にぴったりのカングーをゲットした。車屋のおじさんはネットにあげて数十分後に私からの電話でびっくりしていた。

フランスの郵便局で使われているカングーは車内が広くフロントガラスが大きくて気持ち良い。ドラムセットとコントラバスも余裕で載せれられる頼もしい相棒。きっとカングーはこれからくるぞ!と思っていたら去年あたりからよく見かけるようになった。

宝石やブランドよりも心が踊る黄色い車のお話でした。カングーのCMに出たい(笑)





0回の閲覧

copyright 2018 Habu Kazuko​