フライヤー

と言っても天ぷらをあげる鍋のことではなく「ちらし」です。お寿司でもない。HABUBANライブ一ヶ月前にフライヤー作っても遅いっしょ!(北海道弁)そうなんだけど今回はライブ前の別のイベントでたくさん配布できるというので今焦って取り掛かっている。焦る、あせる、ただアセる、う〜ん、何もデザインイメージ浮かばない。暑さでぼーっとしてるつもりはないけど昨日も洋服裏返しで外出したハブ。。。



とりあえずバンドメンバーの写真を選び始めたら「涼しいフライヤーにしよう」とひらめく。そうだ、アナログハブは頭の中で考えるよりも目や手、五感を使って動き始める方が効率が良いのだ。記憶や判断も目でみたものが優先されていることに気がついたのは40代前半からかなぁ。料理レシピも最近流行りのスピード動画で見るのが好きだ。あれは本当によくできている。

自分を客観的にみることで自分に驚くこともあるけど新たな発見から生活がより豊かになることも多いと思う。と良さげなこと言って。。札幌で撮った凍てつく氷柱の表面に涼しいブルー系の写真を載せたデザインにする!、、、で結局今どき「切り貼り」するのかい!? 寒っ。。

64回の閲覧

最新記事

すべて表示

★HABUBAN ツアー  第二弾(札幌、小樽)レポート

羽田空港の集合時間にHABUBANメンバー全員遅刻せずに集まった!すばらしい!この当たり前のことがバンドマンには難しいとされる場合もあってその昔飛行機を遅らせたミュージシャンを私は何人も知っている。。。そんな成績優秀なメンバーも久々の搭乗手続きや楽器を特別にケースに入れてもらう作業には戸惑っていたりボーッとしていたりしてさながら私は旅行のガイドさん、いや修学旅行の引率の先生の気分で旅立った。 機内